〒399-4195 長野県駒ヶ根市北町22-1
TEL. 0265-81-6010 FAX 0265-82-3966

株式会社ヤマウラ

ICT施工 ITC Construction

ホーム 技術紹介 ヤマウラの技術 ICT施工

BIM施工計画

BIM施工計画 BIM施工計画

BIM活用の最大のメリットは、施工現場の効率化です。
情報を活用したシミュレーションや検証を行い、フロントローディング(一般的に設計初期の段階に負荷をかけ、作業を前倒しで進めること)で問題点の改善を図ることにより、早い段階で設計施工品質を高めることができます。
現場での手戻り作業やスケジュールの長期化を避け、無駄なコストの発生を防ぐことができます。
3Dモデルを用いての施工計画の検討は、平面図だけでは見えにくい立体的な問題点を明確にします。
また、職人さんとの打ち合わせや安全指示、お施主様との作業動線の明確化などにおいても、より深い相互理解が得られます。

マシンコントロール(MC)・マシンガイダンス(MG)施工

マシンコントロール(MC)・マシンガイダンス(MG)施工

マシンコントロール(MC)とは

油圧制御回路を介することで、3次元設計データ通りの施工になるように作業を自動制御するシステムのこと。
掘り過ぎ・施工過多を防止できます。

マシンガイダンス(MG)とは

GNSS(全球測位衛星システム)やTS(測量機器)から得られる位置データを用いて、建設機器に取り付けたセンサとリンクして操縦席のモニター画面に施工箇所を表示するシステムのこと。
オペレーターはモニター画面のガイドを確認しながら建設機械を操作できるため、丁張がなくても法面の施工を行えます。
(※GNSSとは・・・人工衛星(測位衛星)を利用した全世界測位システムのこと。GPSや順天頂衛星システムがこれに当たる。)

設計で作成したBIMデータを基に、自動変換機能を用いることでヒューマンエラーを防ぎつつ高品質のデータ作成を行っています。
このデータをバックホーやブルドーザなどの建設機械に取り込みMC/MGを行っています。これにより、コスト削減や品質の確保、現場での安全確保が保てます。

IT測量

UAV測量とは

UAV測量とは

UAV(ドローン)に取り付けたカメラで空撮を行ない、撮影した写真から3次元地形データを復元する測量方法のこと。
撮影した写真より3次元地形データを解析して、設計における周辺環境・敷地の検証や掘削土量の算定等行なっています。
土木分野においては土量の算定に加えて出来形管理も行なっています。

ContextCapture ContextCapture

ContextCaptureとは

単純な写真を使って複雑な3Dモデルを簡単に生成でき、さまざまな種類のインフラストラクチャプロジェクトの既存の状態をモデル化することができるソフトのこと。
通常のカメラで撮影した写真でもエッジが鋭く細部まで表現された幾何学精度の高い3Dモデルを作成できます。

NavVisVLXとは

NavVisVLXとは

大規模空間を高速・高品質に3次元計測できるウェアラブルタイプのモバイルマッピングシステムのこと。
IndoorViewerにデータをアップロードすることで、寸法や面積計測が可能でタグ付けができるストリートビューライクなバーチャル空間をWeb上で閲覧可能になります。
設備や機器の維持管理、関係者間での齟齬のない情報共有が可能です。
社内サーバーによるデータ管理のため、セキュリティー面も安心です。

NavVisVLXとは

動画で見る工事技術

ヤマウラの特色ある工事実例や最新技術などを動画で分かりやすく紹介しています。

  • マッスルスーツで作業員の負担を軽減!
  • ロッククライミング工法によるのり面整形作業
  • 無柱の大空間!ヤマウラのシステム建築で工場ができるまで
  • 太陽光発電を用いた現場監視システム
  • GPSによるコンクリート締固め管理・レイタンス除去作業
  • 足谷橋送出し工法
  • 六段橋爆破撤去工事ダイジェスト
  • ヤマウラ・ハイブリッドウォールシステム(Y-HWS)

TOP