私のジョーネツ・スタイル

一覧へ戻る

PROFILE01
PROFILE01 良い建物をつくる本質は人間か だから私は妥協しない

【所属】松本支店施工課/【入社年月】2017年4月/【保有資格】二級建築士
―現在の主な仕事内容は。
一般建築の施工管理です。BIMなどのDX・ICTツールを使い、工事を安全に精度良く進めるために現場運営を行っています。
―自分の強み・持ち味は。
建築にICT技術を応用していけることです。最先端のICT技術は全国的に土木が主流ですが、建築にも応用して積極的に活用できるようにするため、主体的に検証実験に取り組んでいます。
―仕事をする上で大切にしていること、信念は。
妥協しないことです。ICT技術は施工をサポートしてくれますが、より良い建物をつくる本質は人間力だと思っています。ですから、日頃から妥協せずにコツコツと作り上げることを大切に仕事をしています。
―自分にとって「プロフェッショナル」とは。
さまざまなデータを活用して、工事の危険削減や、建物の精度・品質を高めるアドバイスができるようになることです。
―プロフェッショナルになるために必要なことは何。
建築や施工の幅広い知識を身に付け、ICTデータに置き換えることが必要です。そのデータをアウトプットできる表現力も欠かせません。
―これまでの仕事で一番うれしかったことは。
私が作成したBIMデータやICTデータによって、お客様やスタッフから打ち合わせや工事がスムーズに進んだと言っていただけたことです。ミリ単位の精度や多次元情報を扱うシビアなデータを作成しているため、データ通りに工事が進んでいることがわかると、とても嬉しいです。
―どんなときに仕事のやりがいを感じますか。
自分のデータ通りにマシンガイダンス(MG)/マシンコントロール(MC)の重機が動いているときです。設計者の建築をBIMで表現できたときもうれしいです。お客様に伝えたい建築表現や、施工者へ伝えたいディテール表現を、様々なソフトを駆使して正確に伝えられたときに大きなやりがいを感じます。
―仕事における現在の目標や目指していること、将来の夢は。
一級建築士の資格取得を目指しています。BIMで建築物を一括管理することも目標です。
―ヤマウラの魅力は。
やりたいことにチャレンジさせてもらえる社風が好きです。最先端技術にもいち早く取り組ませてもらえるところもうれしいです。
PROFILE01
PROFILE01
PROFILE01

一覧へ戻る