〒399-4195 長野県駒ヶ根市北町22-1
TEL. 0265-81-6010 FAX 0265-82-3966

 

食品工場 新築・リニューアル HACCP

ホーム 事業部門 建築部門 食品工場 新築・リニューアルHACCP

食品工場の新築・リニューアル・生産ラインの環境改善をお考えの皆様へ

Before After

HACCPを知るヤマウラなら、設計時から準拠

HACCPの認証取得には専門のコンサルティング会社と提携して、社内の導入準備を行い、工場や建物などの改修、認定取得とその維持も含めるとそれなりの期間と費用がかかります。 そこで、クライアント様の抱える問題点を設計の段階から伺い、総合的な検討を行って、HACCPシステムに準拠した施設環境の構築ご提案します。実績の中で培われた施工経験から、イニシャルコストの圧縮と工期の短縮を徹底的に行い、コストパフォーマンスの高い施工性を実現します。 施設のリニューアルを実施することで食品安全性が向上し、大手企業への営業力強化や、競合他社との差別化による競争力の強化、また企業イメージの向上につながります。

こんなニーズにお応えします

1

取引先の工場視察などであまりいい印象を持ってもらえない

2

HACCP認証取得に準じた食品衛生管理や製造管理をしたい

3

食品衛生安全基準の構築に取りみたい

4

工場全体が、暑い・暗い・汚い、工場内に虫が入り困る

5

製品の異物混入などのクレームがあり、改善したい

6

作業動線を改善し、作業効率を改善したい

製造施設に求められる衛生面での要求をクリアできる計画をご提案します

製造施設に求められる衛生面での要求をクリアできる計画をご提案します

競争力強化

食品の安全性が向上し、競合他社に対する競争力が強化されます。

組織の一体化

リニューアルした工場の運用は全従業員の協力が必要である為組織全体の意識が一体化されます。

ミス・ロスの削減

製造加工中及び最終製品の廃棄といった食品の無駄が減少します。

安全な製品の製造

科学的なデータに基づくため従来の経験や勘による衛生管理よりも安定

【食の安全:FOOD SAFETY】と【食の防御:FOOD DEFENCE】への取り組み

食の安全 「持ち込まない、発生させない、速やかに除去できる」を可能にする工場計画
  • ゾーニング
  • バリア計画
  • 内装仕様
  • 工程/動線分析
  • 生産設備レイアウト

工場計画の基本的な考え方

工場の計画は、何を【What】誰が【Who】どのような考え方で【How】どこで【Where】いつ【When】という4W1Hでとらえ、最も合理的・効率のよい生産や工程管理が行えるようにすることを目的としています。 衛生管理できる抜本的な機能の整備をまずしっかり検討し、次にその機能を十分果たし得る細部の検討へ移って行くというプロセスで計画を進めます。

計画書の作成
1
計画書の作成生産設備の思考、選定・計画
建築・生産設計計画
2
建築・生産設計計画ゾーニング・導入計画・建設設備 計画
見積・契約
3
見積・契約
新築・増改築工事
4
新築・増改築工事
試運転
5
試運転
完成
6
完成
企業姿勢の評価 食製品の安全確保への積極的な企業姿勢が社会的に高く評価されます。
高い信頼の獲得 生産から出荷までの製造工程をHACCPという管理基準で評価・証明でき、取引業者間で高い信頼を得られます。
工程ポイントごとの管理 品質や安全性を各工程のポイントごとに現在進行中のものを管理できます。
品質責任体制の安定 社内の品質責任体制を個人の資質の差によることなく、企業として安定させられます。
商品力の維持 HACCP対企業からの食品・原料商品に対抗する商品力が維持できます。
商品出荷参入 HACCP対企業からの食品・原料商品に対抗する商品力が維持できます。
ISO9000企業体制の具体化 ISO9000(品質保証の国際企画)シリーズの企業体制をより具体的に完成させられます。
競争力強化 食品の安全性が向上し、競合他社に対する競争力が強化されます。
組織の一体化 リニューアルした工場の運用は全従業員の協力が必要である為組織全体の意識が一体化されます。
ロス・ミスの削減 製造下降中および最終製品の廃棄といった食品の無駄が減少します。

HACCPとは?

食品の安全は世界的な関心事です。食品管理が行き届かなかったことで日常生活に多大な影響を与え、場合によっては順調だった企業の繁栄が一変することさえあるということは、過去の事例から明らかです。 HACCP(ハセップ:Hazard Analysis Critical Control Point)とは『危害分析重要管理点』と訳され、安全な食品をつくるためのマネジメントシステムの要求事項を定義付けした国際規格です。 日本では1995年に改正された食品衛生法の中に、「総合衛生管理製造過程」としてHACCPの認証制度が導入され、法的に定められた基準により製造するか、HACCPにより製造するかを選択する事になっています。厚生労働省ではすべての食品の衛生管理にHACCPの導入を奨励し、あらゆる食品企業で強い関心がもたれています。
 

TOP