人を知る
-human-

先輩が語る「土木施工」の仕事
難関の技術士資格を
入社9年目で取得。
これに甘んじず、
本物のプロを目指します。

Y.T

Y.T
土木支店 土木施工課
平成17年入社

コンクリートの「プロ」を目指す

ものづくりに携わりたいという思いを高校生の頃から抱いていました。大学進学の際、「できれば大きなものを造りたい」と考えて、土木を専攻しました。就活 で第一志望だったヤマウラに入社してからは、土木の現場でいろいろと勉強させていただき、入社2年目で小さな現場の代理人になることができました。仕事を 任せられて、とても嬉しかったのを覚えています。それから河川工事や砂防工事、橋梁工事など、国交省を始め行政からの依頼を受けて、大小様々な公共工事の 代理人として成長できたと思います。
また小さい頃から「資格は大事だよ」と親から教えられていたこともあって、いろいろな資格に挑戦しています。ヤマウラでは資格取得をバックアップする社風 もあります。まず私は土木施工管理技士1級を入社4年目に取得しました。続いて1級舗装施工管理技士、コンクリート主任技士、コンクリート診断士といった コンクリート関連の資格も取得しています。そして昨年、入社9年目にして念願だった技術士の試験に合格しました。技術士の資格は、弁護士、医師などと並 び、日本の5大国家資格と呼ばれているもの。超難関の試験ですから、自分なりにかなり勉強しました。今ヤマウラの社内には、12名の技術士が在籍していて、 私が一番若手です。技術士の資格を持っていることで、若くても発注者からの信頼が高くなってきたな、と感じています。それでも、土木は経験工学と呼ばれて いますから、この資格に甘んじることなく、もっと経験を重ねて説得力のあるコンクリートのプロになりたいと思っています。

Y.T

強い思いと自由な環境が生んだ「業界初」

それと私は通常の業務と並行して、コンクリート養生での新工法開発チームにも関わってきました。今まで冬場のコンクリート養生にはジェットヒーターを使う のが一般的でしたが、火を使わずに養生できる画期的な工法を新開発しました。良いものを造りたいという強い思いがあれば、自分が発想して提案できる。それ をヤマウラは、NOとは言わず、むしろ、どんどんやれという環境です。この新工法はすでに日本全国の数十件の現場に導入され、燃料も使用しないため大変好 評です。今、私が問合せ窓口になっていますが、日本を代表するような大手建設会社とのやり取りもあって、充実した毎日です。

Y.T

Plofile

Y.T

Y.T
土木支店 土木施工課
平成17年入社

自分の長所 探究心・こだわりが強い
自分の短所 興味が無いと無関心
座右の銘 今、此処100%
仕事のポリシー 良いモノ造りをする
趣味または特技 ゴルフ、ナイターソフト(地域リーグ参戦)
休日の過ごし方 買い物、旅行、BBQ

ある1日

6:00 起床。朝食は必ずたべる。最近はパン派
7:00 出勤。会社の食堂で新聞を読む
7:35 朝の掃除、朝礼、現場へ移動
8:00 現場朝礼、作業安全指示
8:30 書類作成 
10:00 現場巡視、作業指示
10:30 週間工程会議 発注者、安全協議会メンバーと今週の進捗、来週の予定を打合せ
12:00 昼食。食後はなるべくお昼寝する。
13:00 職長会。各協力業者職長を集め、工程を調整する。
13:20 現場で出来形測定、その後事務所へ戻り測定結果まとめ
15:00 現場巡視、作業指示
15:30 発注者による出来形の立会い。
16:50 現場巡視、作業指示。本日の出来高と翌日以降の予定確認。
17:30 現場・事務所戸締り→帰社。上司への報告・連絡
18:00 退社。今日はヤマウラで参戦しているナイターソフトのリーグ戦。

 Page Top