〒399-4195 長野県駒ヶ根市北町22-1
TEL. 0265-81-6010 FAX 0265-82-3966

ヤマウラの人づくり Human resource development of Yamaura

ホーム 企業情報 ヤマウラの人づくり 良い環境の中で「成長する」

良い環境の中で「成長する」
スーパーゼネコンに勝る管理能力の向上

スーパーゼネコンに勝る管理能力の向上

スーパーゼネコンに勝る管理能力の向上

建設という仕事は、お客様が発注してから長い期間を掛けてお客様の土地に造り上げていくもの。商品を買うのとは訳が違います。ですから、施工管理をする人は、品質・安全・工程などの現場運営全般に渡ってお客様から評価をされています。ヤマウラでは独自に現場運営の一つ一つに厳しい基準を設けて、「工事評点」として管理力の見える化に努めています。技術的なことから、現場の整理整頓などにきめ細やかに対応して、これをしっかりこなしていくことで、技術者が成長し、お客様から安心して仕事を任せられます。目指すはスーパーゼネコンに勝る管理能力をつけることです。

会社の成長は社員の成長があるから

会社の成長は社員の成長があるから

会社の成長は社員の成長があるから

教育は学校を卒業してからが大切です。社会人として責任を持って何十年という間、どのように成長していくのか。それは会社が行う教育次第と考えています。ですから、新入社員としての基礎教育から始まり、段階的な階層別教育、専門的な知識教育といろんな角度から常に何かを学び続けるように、そのメニューを用意しています。人は学ぶことによって成長し、それが仕事を、人生を楽しくさせていきます。仕事の目標を明確にして、確実にその目標に向かっていくように本人と会社が一体となって取り組んでいきます。

各種研修:幹部候補生スクール、営業研修、知的生産性向上システム研修、CAD研修、目標設定研修 等

資格取得でスキルUPと信頼の獲得

資格取得でスキルUPと信頼の獲得

資格取得でスキルUPと信頼の獲得

高度で専門的な知識でお客様に安心を!

プロフェッショナルとして誰にも負けない良い仕事をするもととなる勉強。社会人になってからが本当の勉強です。当社は知識と技術力の証である技術士や一級建築士など、専門性の高い資格取得者が数多くいる専門家集団です。資格取得の全面的な会社のバックアップもあり、毎年難関資格にチャレンジする社風が根付いています。お客様が安心して仕事を発注してくださるのは、やはり信頼できる専門家だからです。“良い仕事”をするために、常に社員皆が学ぶ姿勢を大事にしています。

海外の先進技術を学ぶ!

世界の優れたものを肌で感じ取り入れる

世界の優れたものを肌で感じ取り入れる

海外の先進技術を学ぶ!

感性は優れたものを見て体験して磨かれる。それを肌で理解できるのが海外研修です。普段の生活では触れることの出来ない異質の文化・習慣・歴史から生み出されるもの、そして世界の先進技術が一同に会する展示会国際建築見本市「BATIMAT」などを見学したりして、感性と知識を磨き、常に他社よりも先んじた技術力の向上に役立てています。 できるだけ若いうちに感性を磨くよう、多くの社員にこの機会が与えられます。

良い環境を自分でつくるから気づく!

日常の身の回りを整えて感性を養う

日常の身の回りを整えて感性を養う

良い環境を自分でつくるから気づく!

自分たちの職場環境を全員で整えています。構内外の清掃から始まって机の中、トイレ、それに建設現場や工場内の全てに至るまで、隅々まできれいに整備し掃除も行き届いた整然な環境づくりをしています。また、ただ自分たちで掃除するだけでなく、施設の作り方自体に工夫を凝らし、メンテナンスフリーにすること、できるだけ掃除をしなくてもいいようにすることにも余念がありません。こういった環境整備活動を通じて、気づく力や工夫する力を醸成し、お客様への提案に役立てます。

良い仕事を見て自分のものにする!

優れた先進の現場から学ぶ

優れた先進の現場から学ぶ

良い仕事を見て自分のものにする!

学ぶとは自らの足らざることを知ること。自社の模範現場を見学する。業種を問わず他社の優れた現場を視察する。良いものを知っているから良い仕事ができます。これはという現場には、テーマを持って技術系・営業系を問わず見に行き、良いと思ったことは直ぐに水平展開して取り入れていきます。一人だけの技術でなく、社員全員が共有することが大事と考えています。それを繰り返しながら、自社のあらゆるところがショールームとして、「魅せる現場」づくりに進化させています。

 感性を磨き人脈をつくる異業種交流!

社外のビジネスマンと磨き合う

社外のビジネスマンと磨き合う

感性を磨き人脈をつくる異業種交流!

井の中の蛙にならないこと。外の世界を知ることは自分を知ることにもなります。ヤマウラでは、若いうちからテクノネット駒ヶ根などの異業種交流会に積極的に参加しています。これらに参加することにより他の職種の人と共に学ぶ機会を持って、いつもの自分を客観的に見つめ、人間力を高めていきます。自分と違う視野を持つことが大きな刺激であり、世の中の優れたものを見ていく力を養い、自分を磨く意欲となります。

将来の課題を最初に解決するフロントローディング!

先端技術の導入

先端技術の導入

生産性を高めるIT投資

生産性と効率性を高めるためには、IT化、IoT化が不可欠です。建設業は労働集約型と言われますが、当社では、部門を問わず生産性向上や業務改善、品質の向上のために最新技術の導入を他社に先駆けて行っています。 TV会議システムで全拠点を結び、Ipadなどの携帯端末を使うことで、情報共有と意思決定には時間と場所を選びません。建築設計では、BIMを駆使しての画像の立体化はもちろん、設計段階で施工時の諸問題や使用後の使い勝手まで、詳細で具体的な予測対処が可能になり、お客様の満足度を高めています。 従来とは異次元の発想をし、他社をリードする先進技術の導入で、高生産性、高付加価値化の建設産業へ変革します。

作業着の革新!機能性とデザイン性をもって!

建設業のイメージを一新

建設業のイメージを一新

作業着の革新!機能性とデザイン性をもって!

事務職だけでなく、現場で活躍する現場代理人も、いわゆる“作業着”ではなく、全員が機能性とデザイン性のある制服を着用しています。自分自身の身だしなみを整えて、センスを磨くようにしています。実は腕にオリジナルのマークをつけています。それはドイツとカナダの国旗を模したもの。それぞれの国で取り組まれていた先進技術を取り入れてきましたが、このマークには、常に学び続けること、新しいものを取り入れていくことの大切さの思いが込められており、革新のセンスを一人一人が磨いていきます。

大人として決まり正しい生活と学ぶ姿勢を身につける!

人を育てる独身寮

人を育てる独身寮

大人として決まり正しい生活と学ぶ姿勢を身につける!

ヤマウラに入社した新入社員は、1年間に亘り全員が寮生活を送ります。寮生活において、一人ひとりが学習委員会など役割を担って自主運営に参画し、集団生活での役割の果たし方を学びながら、社会人としての基礎や勉強をする習慣を身に付けていきます。和気あいあいとした雰囲気の中で縦と横の繋がりと絆を太くして、長い付き合いとなるお互いが切磋琢磨する仲間を創り、人として大きく成長していきます。

健康づくりとコミュニケーション!

社員同志の繋がりを深める

社員同志の繋がりを深める

他部門とのコミュニケーション

違う部署の社員同士とのコミュニケーションは、業務の円滑化の潤滑剤であり自分の業務以外の大切な情報元でもあるので、その機会を作ることが人を育てることと当社では捉えています。そのため様々な角度から福利厚生という形で社員にコミュニケーションの場を提供しています。食事代やコーヒー等の飲料代も大変優遇されていますので、本社の食堂では多くの社員が集って食事をしながら、自由に大切なコミュニケーション、情報交換の場となっています。また、全社員が集まる親睦会も年に二回開催し、楽しくゲームもしながら日常とは違う側面を発見する機会となっています。 人間力向上のための研修も全社員が受講するなど、自分の資質を高めながらコミュニケーションを良好にし、他人から好かれる人間づくりをしています。

TOP

閉じる